輸入車を高く売るには

輸入車を高く査定してもらう方法

売りたい車を高く査定してもらう方法は、きれいに乗ることが前提になってきます。
室内のシートに破れや汚れがあった場合は査定は下がりますので、車を乗る時は普段から気をつけて乗るようにしましょう。
室内の評価で査定がプラスになることは、タバコを吸わないことが査定がプラスになります。
元々タバコを吸わない方や、タバコを辞めた方は近年多くなってきました。
タバコを吸わない方は、タバコの匂いがとても不快に感じるものです。
シートからの匂いや、エアコンをつけた時の匂いがするだけで気分が悪くなる方もいますので、タバコの匂いがしない車を選ぶようになります。
ですので、禁煙車の査定は上がるようになりました。室内は見た目がきれいだと査定が高くなりますが、匂いがしないことも査定が高くなるということも覚えておきましょう。
次に、メンテナンスについてです。オイル交換などのメンテナンスは決まった走行距離でしっかりやるように心掛けておきましょう。
誰しも車を乗る時に試乗をするものですが、試乗をした時にエンジンの回転の音やギアの変わり方で、メンテナンスをしっかりやっている車かどうかが分かりますので、その辺りのメンテナンスはしっかりやっておきましょう。
その他のパーツ関係ですが、こちらも査定を高くする方法があります。例えば、ETCを取り付けた場合は査定は高くなります。
他にも社外のホイールやオーディオを取り付けた場合も査定は高くなる場合が多いです。
ただし、あまりに多くの部品を社外品にするようになると査定にはマイナスになることもありますので気をつけたいですね。
例えば、ホイールを社外品に交換した場合は、交換する前に着けてあった純正のホイールを同時に査定に出すことで、査定はプラスになりますので、純正品は大切に保管しておきたいですね。